株式取引用語集

ストップ配分・比例配分とは?

ストップ配分というのは、ストップ高(安の場合は逆です)の銘柄に売りが1000、買いが5000集まっている状態のときに、売られた1000を5000に対して配分することを言います。

(買いや売りが集中して取引が出来ない場合に特別気配というものが発表され、売買価格の再設定が行われます。)

ストップ高という状態は、相場が分かりやすく一方に動いていることが多く注文が集中して発生します。また、それに便乗して買いを入れて比例配分で当選するのをまつという手法をとる人もいますが、逆に反発して値下がりすることも普通にありますから、株初心者におすすめできる手法ではないことを付け加えておきます。

まず最初に選ぶネット証券会社は?

取扱い銘柄や、対応している金融商品の豊富さ、なによりネット証券を選ぶ最大のポイントである手数料の安さもあり、一番おすすめなのはこちらです。